ステータスなら!三井住友VISAゴールドカードも選択肢

○三井住友VISAゴールドカードはどんなカード?

三井住友VISAゴールドカードは、日本初のVISAカードである三井住友VISAカードのゴールドカードとなっています。年会費は初年度が無料であり、次の年からは税抜きで10000円です。カードご利用代金WEB明細書サービスを使ってマイ・ペイすの登録(それ以外なら年間で300万円以上利用すること)によって、年会費は税抜きで4000円に割引されるでしょう。

○三井住友VISAゴールドカードはハードルが高い!?

三井住友VISAゴールドカードは、審査基準のハードルが高めです。ですから、審査に通過できないこともあるでしょう。審査に落ちて三井住友VISAゴールドカードが持てなかった方や、これから三井住友VISAゴールドカードを持ちたいという方は、三井住友VISAゴールドカードよりもランクが低い三井住友VISAクラシックカードAなどのカードに挑戦をすると、延滞をしていない場合には後にランク変更をして三井住友VISAゴールドカードを持てる機会があるかもしれません。

○カードを持てるのは何歳以上?そして利用限度額は?

三井住友VISAゴールドカードは、30歳以上が年齢の制限となっています。勤続年数や年収についての基準の明記はないのですが、一般的に考えると30歳を超えると段々と職場での地位も上がってくる年齢です。また、70万円以上が利用限度額の最低額ですので、高い年収が必須になることから、ハードルが高めのカードだと言えるのです。

○三井住友VISAゴールドカードのポイントも探ってみよう!

三井住友VISAゴールドカードのポイントは、ワールドプレゼントというVISAジャパン共通のプログラムです。VISA加盟店でカードを利用すると、1000円につき1ポイントをもらえます。1ポイントは5円なので、還元率は0.5%となっています。カードで携帯電話の利用料金や光熱費などの支払いでもポイントがもらえるでしょう。ちなみに、このポイントはANAやシンガポール航空で100ポイントを300マイルに、アリタリア航空には200ポイントが600マイルに交換することが可能です。