海外旅行でクレジットカードを使う際の注意点

怪しいショップでは使用しない事

クレジットカードはショップ側と利用者との間の信用で後払いをするという決済方法で、利用者側がいくら気をつけていても、ショップ側に犯罪者が紛れ込んでいたのでは、身に覚えがない代金がチャージされていたり、知らないうちに悪用されていたなんてことにもなりかねません。土地勘もなければ文化にも精通しているわけではない海外旅行中にクレジットカードを使う場合には、できるだけ店を選び、怪しい感じのショップではカードの使用を控えたほうが良いでしょう。ショップでカードを利用する場合、カードの決済を目の前でしてくれるショップが理想的です。スタッフがカードを持ってバックステージに行ってしまったりするショップは危険に巻き込まれる確率が高くなるので、できれば現金払いの方が良いでしょう。

紛失したらすぐに連絡

海外旅行中にクレジットカードを紛失してしまったら、気づいた時点ですぐに緊急連絡先まで連絡を入れましょう。カードの背面に連絡先の番号が記載されていますが、カードをなくしてしまうと連絡先も分からなくなってしまうため、海外旅行に行く際にはカードの背面部分の連絡先とカード番号はきちんとメモしておくと安心です。紛失や盗難の場合には、一刻も早くカードをストップすることが大切なので、サポートセンターでは24時間体制で対応しています。時間や場所に関係なく、気づいたらすぐに連絡が基本です。

ICチップ入りのカードが増加

クレジットカードの悪用を防ぐとともに、よりセキュリティ面を強化する目的で、最近ではICチップ入りのクレジットカードが増えています。これまではサインをすれば利用で来たカードでも、ICチップが入っているタイプだと暗証番号を入力してデビットカードのような感覚で利用することになります。暗証番号を忘れてしまうと使いたくても使えませんので、海外旅行前にチェックしておくことをおすすめします。クレジットカードのサイトなどで暗証番号の変更ができることもあるので、暗記できる番号にしておくと良いでしょう。