クレジットカードのサインはどうする?

ローマ字か漢字か

クレジットカードで決済する場合には、カードの裏面に書いた自分のサインと同じサインをしなければいけません。海外旅行に行く人にとっては、サインはローマ字でしたほうが良いのか、それとも漢字の方が良いのか迷ってしまうこともあるものです。漢字という文字は東アジア独自の文字のため、欧米諸国に旅行に行ったときには、漢字で書かれたサインだと不正がしにくいというメリットがあります。しかし、近年では諸外国で中国人の犯罪集団も多く、こうした集団だと漢字のサインでも問題なく模倣されてしまうでしょう。また、漢字は欧米人にとっては見分けがつきにくいため、日本人から見ると明らかに異なるサインなのに欧米人にとっては区別がつかずに犯罪に使われてしまった、なんて可能性もあります。

パスポートのサインと同じにするのが理想的

海外旅行においては、自分の身元を保証してくれる存在となるのはパスポートです。パスポートを受け取る際には自分でサインをしていますし、パスポートにもそのサインは明記されています。海外旅行中の万が一のトラブルを避けるためには、クレジットカードの裏にする自分のサインはパスポートと同じにしておく方法が理想的です。日本国が発行したパスポートと同じサインなら、クレジットカード払いをした人がサインの照合で戸惑うこともありませんし、万が一のトラブル時にも迅速な解決が可能となります。

サインは自分自身のアイデンティティ

クレジットカードの裏にするサインというと、ローマ字もしくは漢字でフルネームを表記しなければいけないと考えている人はとても多いものです。しかし実際には、フルネーム表記する必要はなく、他人と自分の区別をつけることができれば、姓だけでも名前だけでも問題ありませんし、あまりお勧めではありませんが、平仮名やカタカナでもOKです。他人に真似されにくいオリジナルのサインをすることが、サインの目的でもあるのです。